母乳を増やす飲み物>>おすすめランキング

母乳を増やす飲み物>>おすすめランキング☆ベスト3

このページは、可愛い赤ちゃんのために母乳をたっぷり上げたいのに、思うように母乳が出ないとお悩みのママのために、母乳を増やす飲み物について、いろいろと書いています。

「水分をたくさん摂っているのに」
「体を冷やさないようにしているのに」
「赤ちゃんに我慢してもらっているのに」

・・・そんな風に悩んでいるあなたの参考になれば幸いです。

まず、母乳を増やす飲み物のおすすめをランキングで紹介します。

母乳を増やす飲み物>>おすすめランキング 1位





赤ちゃんの健やかな成長とママのために始めよう!!たんぽぽ茶♪

やっぱり、母乳で育てたい!!そんな全てのママの味方です☆タンポポの生命力としっかり応援、サポートしてくれる【ママナチュレ たんぽぽ茶】

お得な定期キャンペーン実施中!!
母乳で育てたいママの味方!!【ママナチュレ たんぽぽ茶】

たんぽぽ茶は身体に良いと言いと聞いたけど飲みにくいんじゃないだろうか、
カフェインが入っていたら困るな。そんな不安と思い込みはもう不要です。

ママナチュレたんぽぽ茶はルイボスティーの様な味わいで飲みやすい。
おまけにノンカフェインなので授乳中の女性も安心して飲むことができます。

女性に嬉しい美容成分やたんぱく質なども一緒に摂取できて、
利用者の満足度は91%です。



母乳を増やす飲み物>>おすすめランキング 2位




母乳で育てたいママに大好評!【ノンカフェインタンポポ茶】


ノンカフェインたんぽぽ茶ブレンドはこんな方におススメ。

1.母乳育児がしたい
2.カフェインが気になる
3.鉄分とビタミンを美味しく摂りたい

もちろん安全面もしっかり配慮してチェックしてます。
天然無農薬!合成添加物、防腐剤無使用!

こだわりの直火焙煎で、黒豆の甘い風味を引き出しています。




母乳を増やす飲み物>>おすすめランキング 3位





「母乳でしっかり育てたい」「授乳がジンジンする」という方に好評なのが
授乳期の女性特有の悩み開発のため開発した青汁「HAPPY VEGE(ハッピーベジー)」。

カフェインゼロ、全て九州産の野菜を使用して作った授乳中のママにオススメの青汁です。

現在特別に期間限定で、初回1,980円で購入できるキャンペーンを実施中です。

主に、授乳中の痛みや母乳の詰まりに悩まれている方が愛飲しています。


母乳を増やす方法って?

母乳を増やすには、次のことが良いと言われています。

・水(分)をたくさん飲む
・睡眠をしっかりとる
・栄養バランスに気を付ける
・おっぱいをマッサージする
・体を冷やさない


母乳の元は水分と栄養分ですから、健康なお母さんからは十分な母乳が出るはずです。
もっとも赤ちゃんの世話で睡眠不足になりがちですし、規則正しい生活を送ることが難しい場合も多いのはわかります。

そこで少しだけ注意してほしいのは、水分をたくさん飲むことやおっぱいマッサージなどのほかに、母乳の出を良くする飲み物を飲む事です。

授乳中は、刺激物を避け、安全な飲み物を飲みたいですよね。
カフェインが入っている飲み物は避けたほうが良いということはよく知られています。

母乳を増やす効果がある飲み物って?

母乳の量を増やすには味噌汁を摂るといいというのは、昔ながらの知恵です。
体を冷やさずに水分と栄養をしっかりとるという意味で良いアイデアだと思います。
同じように、母乳量を増やすために飲んだほうが良いという飲み物があります。

母乳量を増やすために飲んだほうが良いのは、このページでも紹介しているタンポポ茶(たんぼぼ茶)。

たんぽぽ茶(タンボボ茶)は身体に良いというのは聞いたことがあるけれど飲みにくいんじゃないだろうか? カフェインは本当に入っていないんだろうか?

そういう心配をお持ちになる方も多いと思います。

今回紹介しているママナチュレたんぽぽ茶はルイボスティーの様な味わいで飲みやすく、 さらにノンカフェインなので多くの女性が飲んでいます。
女性に嬉しい美容成分やたんぱく質なども一緒に摂取できるような配合で、一般の女性(あるいは男性)にも好評です。

授乳中の方にも飲みやすく、母乳が出やすくなる、ノンカフェインと言う点からおすすめです。


タンポポ、蒲公英、たんぽぽ、どうして身体に良いの?

タンポポ、蒲公英、たんぽぽ。あるいはちょっとしゃれてダンディライオンなどとも呼ばれますが、たんぽぽのお茶がどうして身体に良いのでしょうか?
タンポポ茶が身体に良いのは、タンポポの根っこの部分に含まれている「蒲公英根(ホコウエイコン)」という漢方成分によるものです。ホコウエイコンには体を温める効能があるので、血行が良くなり、母乳が増えるといわれています。

いろいろな芸能人やタレントのママ達が、タンポポ茶を愛飲しているという話も聞きますよね。


母乳を増やす飲み物、いつから?

出産後、母乳の出が悪いのではないかと心配になったママさんたちは母乳を増やす飲み物を飲もうと思うわけですが、実は母乳を増やす飲み物は出産前から飲んだほうが良いのだという考えもあります。

では、母乳を増やす飲み物はいつ頃から飲んだほうが良いのでしょうか?

ひとつの考え方は、妊婦さんらしくなってきたときから、です。
個人差はあるものの妊娠6ヶ月になると、子宮は大人の頭よりひと回り大きくなり、子宮底もおへその辺りまで達します。やがて前にせり出すように大きくなった子宮を支えるために、ママの体は反り返った姿勢になってくるのです。
やがて乳腺葉(乳腺)が発達し、脂肪がついて乳房が大きくなってきます。
母乳が本格的に出るようになるのは産後ですが、母乳の準備は妊娠中から始まっているのですね。

実際に、母乳を作るホルモンであるプロラクチンが分泌されるようになるので、乳頭から半透明の乳汁がにじみ出てくる人もいます。

出産後に、赤ちゃんに安心してたっぷりの母乳をあげたいのならば、出産前から母乳を増やす飲み物を飲むようにしましょう。

母乳で育てたいママの味方!!【ママナチュレ たんぽぽ茶】

サプリやタンポポ茶を上手に使おう

結婚して仕事を辞めることについては、いろいろな考え方があります。
家庭に入ることを喜ぶ人もいれば、キャリアが失われることを惜しむ声もあります。
これは女性本人も、周囲の男性も意見の分かれるところです。

やがて出産し育児を行うことは、尊くかけがえのない「仕事」です。
赤ちゃんに母乳を与えるという行為は、女性にしかできない大切なことですし、女性にとって、とても幸せなことだと思います。

しかし授乳中の女性の毎日は、文字通り目の回る忙しさです。
ゆっくり寝る暇すらありません。

母乳はお母さんの血液から作られます。
ですから赤ちゃんに栄養豊富な良い母乳を与えようとするならば、お母さんの血液を良いものにしておく必要があります。

たとえば近頃話題の葉酸という栄養素には、血をつくる働きがあります。
質の良い母乳を作るためには葉酸が必要ということからも葉酸サプリが人気になるのですね。

授乳中のお母さんが、しっかりと水分とバランスの良い食事を摂ることは簡単ではありません。他に食事を作ってくれる人がいなくて、食事の支度がお母さんの家事の一部ある場合はなおさらです。

ですから、安全なサプリメントやタンポポ茶などを上手に使って、子育ての負担を少しでも軽くしていくことが求められます。
母乳で育てたいママの味方!!【ママナチュレ たんぽぽ茶】


カフェインが赤ちゃんに与える影響について

昔から、妊婦さんはカフェインを控えたほうが良いと言われているように思いますが、カフェインが妊娠に影響する可能性が有ると言う研究は、意外にも比較的最近の話だといいます。2000年以降にデンマークの大学で研究された結果がイギリスで発売された医療雑誌に掲載された事がきっかけだということです。

妊娠中にカフェインを摂取すると、胎盤を通って母親から赤ちゃんにも与えられる事になります。大人にはどうということがないさほどものでも身体が小さい赤ちゃん(胎児)にとっては大変です。内臓がまだ十分にできあがっていない小さな体は、体内でカフェインをしっかり分解して排出する事はできません。

大人の場合でも、カフェインを大量に摂取すると不眠状態になったり、興奮気味になったり、落ち着かなくなったりすることがあります。こういった作用あるいは副作用が赤ちゃんに直接的に起きて、落ち着きのない子性格の子どもになるということはないでしょう。
しかし、何らかの影響がお腹の中の赤ちゃんや授乳中の赤ちゃんに生じる能性が有るかもしれないと思ったら、コーヒーやお茶をうかつにがぶ飲みすることはできません。

産まれたばかりの赤ちゃんに母乳を通してカフェインが与えられことを考えてみてください。赤ちゃんが夜泣きやヒステリックになってしまう原因がカフェインの興奮作用による可能性もあります。

もし、どうしてもコーヒーや緑茶が飲みたいと思うのであれば、授乳前ではなく、授乳後に飲むようにしましょう。




母乳を増やす飲み物としてのおすすめ

(※ここに挙げた飲み物を飲んだからと言ってかならずしも母乳が出やすくなるという意味ではないです。飲むならこういうものを飲みましょう、というオススメです。)

母乳(量)を増やすためには、水分を多くとる必要がありますが、カフェインなどの刺激物が入っている飲み物、添加物の多い飲み物は当然おすすめめできません。
では、母乳を増やす飲み物としてはどんな飲み物が良いのかを具体的に書きます。

・たんぽぽ茶/ルイスボディー・・・これは定番です

・どくだみ茶/柿の葉茶/番茶/麦茶・・・好き嫌いが別れるかもしれません。

・(ハーブティ)/(ほうじ茶)・・・ハーブティーの一部は、人によっては体質に合わないものもあるようです。ほうじ茶には少量のカフェインが含まれているいいますが、通常は問題ないでしょう。残念ながら緑茶はNGです。

・その他:たんぽぽコーヒー、果汁100%ジュース

※加糖されているものや、飲みやすくするために砂糖を使用することは避けたほうが良いです。


母乳を増やすために水分を摂る際の注意点

母乳を増やすために水分を摂る際の注意点は夏バテをしないための水分補給の注意点に似ています。
基本的には冷たいものを飲まないことです。むやみに冷たいものを飲むと胃にも良くありませんし、授乳中のママの場合は体を冷やしてしまって母乳の出が悪くなります。
また水分を摂ることばかりを気にしてもいけません。水分補給はこまめに、が鉄則です。
水分を一度にがぶ飲みすると、胃腸を弱め、水下痢になることがあります。これでは、水分を補給しようとして逆効果になります。
水分は回数を分けてこまめに補給するようにします。また夜寝ている間は水分を補給できないだけでなく、睡眠中に多量の汗をかき水分が失われていきますので、寝る前にコップ一杯、また起きてからコップ一杯程度の水分を意識して摂るようにしてください。